美肌は一日にしてならず

ホームページ制作は笑わない > 美容 > 美肌は一日にしてならず

美肌は一日にしてならず

美肌は誰もが憧れることではないでしょうか。しかし、肌とは正直なもので、もちろん遺伝的にトラブル知らずな方もいますが、だいたいは環境やお手入れ方法によって左右されます。だからこそ、美肌に近づく方法をいくつかご紹介しましょう。

 

1、洗顔は丁寧に、お肌に合わせて。

お顔は繊細です。温度が高いと皮脂を取り除きすぎて乾燥に傾いたり、ゴシゴシしすぎるとたるみにつながります。だからこそ温度もぬるま湯で、ソフトに泡をクッションのようにして洗いましょう。また、乾燥しているときはぬるま湯のみのプレ洗顔にしたり、赤みがあるときは冷水洗顔にしたりとお肌の状態によって変えるとよいです。

 

2、整肌は手のひらで覆うように優しく

お肌に水分が10~20%あると理想的でトラブル知らずのお肌といえます。だからこそ整肌は大事です。何度も重ね付けしたり、パッティングではなく手のひらで包み込むようにハンドプレスでつけます。ローションパックもおすすめです。

 

3、睡眠をとる

何と言っても睡眠は大事です。22時~2時がお肌のゴールデンタイムといって細胞が生まれたり、修復する時間なので、この時間になるべく睡眠をとるようにするとよいです。

 

4、冷え症を改善する

どれだけケアをしても体が冷えていると全ての血の巡りが悪くなります。運動や入浴、生姜などの体を温めるものを取り入れるなどして冷え症改善につとめることも大切です。

 

5、ストレス解消法をみつける

皮脳同根といいます。イライラすると血液がドロドロになりお肌にもいい作用をしないそうです。いつもニコニコしている人はお肌もよいイメージありませんか?つまり、自分にあったストレス解消法を見つけるのも良いでしょう。

 

 

 



関連記事

  1. 美肌は一日にしてならず
  2. 大事にしたのは「姿勢」と「マッサージ」